お役立ち記事

なぜZohoマーケティングツールでそろえると効率と成果があがるのか?

Zohoマーケティングツールを使うと効率よく成果を出すことができます

MAはA社のツール、SFAはB社のツール、CRMはC社のツール、という風に
バラバラに管理している会社さんはよくあります。

なぜこういう状態になるかというと、
MAはA社のほうが使いやすく、SFAはB社の方が機能が揃っており、CRMはC社が安い、といったように
ツールを選ぶ時に別々に選んでしまっていることが原因で管理がバラバラになってしまうのです。

ですがそれぞれのツールを別々に選んでしまうと、マーケティング活動から営業活動までの一気通貫で動く中で支障が出てきてしまいます。

デジタルツールが分かれるデメリット


まずデジタルツールが分かれるデメリットとして、保管されるデータの場所がバラバラになってしまうことが挙げられます。

見込み客の情報(見込み客の行動に基づいたスコア、どのキャンペーンに反応したか、どのページにどのくらいの興味を持っていたか)がMAに貯まりますが、CRMに連携していないと商談になった際にその情報が引き継がれなくなります。
それぞれのツール同士がAPIで連携できていない場合は、転記作業も必要になり余計な時間とコストがかかってしまうのです。

また、各ツールの領域が完全に分かれていることは少なく、重複している領域があります。なので同じ情報をバラバラに管理されてしまうという状態に陥ります。
MA・SFA・CRMでバラバラに同じ見込み客の情報を持ってしまっていた場合、どの情報を「正」とするのか?という混乱が起きてしまいます。

Zohoマーケティングツールに統一することのメリット


Zohoマーケティングツールに統一することで、連携を前提に作られているのでスムーズに区切りなく繋がります。

MAの顧客情報がCRMに見込み客として自動的に連携されます。
MAで取得したメルマガの開封状況やサイトのクリックなどの情報も分析ツールに連携され、ダッシュボードなどでひと目で分かるようになります。

CRMの商談情報・取引先情報などから見積書・請求書作成ツールに連携することで、自動で見積書・請求書が作成することができ、営業担当の時間が作成できます。
CRMの情報を元にマーケティングや営業活動のレポートが作成出来るので、会議のための資料作成の時間がなくなり、タイムリーに状況を確認することができます。

バラバラにツールを使うよりもZohoマーケティングツールに統一することで、連携のためのコストも正しい情報を探すための時間も削減できます。

効率的に成果を上げていくのであれば、Zohoマーケティングツールに統一することをおすすめします。

おすすめのZohoマーケティングツール

「ZOHO CRM」

CRMシステム(顧客管理システム/顧客関係管理システム)とは、顧客の氏名や住所、電話番号をはじめとした基本情報から、メールや電話などのコミュニケーション履歴、商談、見積・請求書・購入履歴に至るまで、あらゆる情報をデジタル化し、営業をはじめとした企業活動を基盤から支えるシステムです。

「ZOHO CRM」は、他社製のCRMと比較しても圧倒的な低価格で高水準の機能を提供しています。また、Zohoのツールだけでなく外部のアプリケーションとも連携もできるため、外部サービスともすぐに連携し、外部データも一元管理できるようになります。


「ZOHO Campaigns」

低コストでできるメルマガ配信ツールです。メールの一斉配信・ステップメール・セグメント配信・自動メール配信の機能が揃っているので、既存客から見込み客まで幅広くフォローすることができます。

また、効果測定もできるので開封率やCVRなど確認して送ったメールの分析を行うことで、よりお客様のニーズにあったメルマガを配信できます。


「ZOHO SalesIQ」

全世界で46万以上の企業が導入しているWeb接客・サイト訪問者追跡ツールです。

SalesIQを使うとWebサイトの訪問者がどんな人なのか、どのような行動をしているのかリアルタイムにわかるので、よりターゲットに合ったアクションを考えることができます。また、チャットボットを導入できるので、Webサイト訪問者がどのようなことが知りたいかのデータを自動で集めることもできます。


改善例

CRMシステムで、獲得した顧客情報を一元管理します。

顧客データを、メール連携機能を利用し、関連する活動と紐付けて記録することで、組織内でいつ・だれが・どの見込み客にアプローチをしたのか把握することができます。
成約した商談・失注した商談のデータを蓄積することで、レポートとしてデータ分析に役立てることができ、質の高い営業プロセスを構築することができます。

Campaignsでお客様との接点を作る。

Zoho Campaignsは、CRMの顧客情報と紐づけ、メルマガの効果を把握することができるため気軽にメールマーケティングを始められます。
メール配信後に、その配信結果(開封率・クリック率)がわかることで改善意欲がわき、成果にダイレクトにつながります。簡単にメールの分析が行えるため、お客様の興味やニーズにあったメルマガを配信できるようになります。

SalesIQで、Web解析でお客様を知る。

SalesIQでは、サイトコンテンツの閲覧状況を確認し顧客の興味と温度感を知ることができます。
メルマガから訪問したお客様のWebサイト上での行動を点数化できるため、スコアの高いお客様に対して優先的にアプローチできます。SalesIQで、Web解析分析を行うことにより新しいニーズやリスクを早い段階で認識し、顧客がどのコンテンツをよく見ているかで営業が提案内容を変動させることができるようになります。

執筆者プロフィール

株式会社船井総研デジタル
Zohoコンサルタント

松尾 優斗

YUTO MATSUO

Personal History

Zohoの日本版認定制度の構築のため、 Zohoのグローバル認定資格を取得(CRM・SFA・MA・チャットボット・ヘルプデスク)。 その他、自動車販売業・住宅不動産業向けのCRM・SFA・MA・チャットボットツールの構築・導入を担当。

入社後案件実績は、生産財企業(従業員:120名)へのCRM・BIの構築と導入を担当。 自動車販売業3社へのCRM・SFA・MA・チャットボットツールの構築・導入を担当。 住宅不動産業へのCRM・MA・チャットボットツールの構築・導入を現在担当中。

Professional Certification

  • Zoho CRM Certification for Administrator
  • Zoho SalesIQ Certification for Administrators
  • Zoho Campaigns Certification
  • Zoho Desk Certification
  • Zoho Projects Certification

Certifications

CRM Campaigns SalesIQ